女性化乳房の施術を受けた体験

女性化乳房と診断されて

豊胸手術 失敗男性の胸のふくらみ

まず、看護師に検査用のローションを胸に塗られてから、専用の機械を胸に押し当てられました。
胸に押し当てられる際もバストに痛みを感じて、すごく怖いなあと感じていました。
また、先生も深刻そうな表情で画像を見ているので、本当に乳がんなのではと不安に感じました。
そして、検査後に先生からは女性化乳房という症状だと説明されました。
この症状は、男性が乳腺組織が増殖することで、乳房が肥大化してしまうことだそうです。
私の場合、左の胸の乳腺が一時的に肥大して、乳頭部や乳輪の下にしこりができて痛みを発生させているとのことです。
おそらく、現在、思春期なので、ホルモンバランスが乱れた事が原因で起こったと分かりやすく説明してくれました。
私は乳がんの可能性が高いのでは無いかとずっと思っていたので、とりあえず乳がんではなかったことですごく安心しました。
ただ先生によれば、胸のしこりはだいぶ大きくなっているので、このまま放っておくと病気にかかる恐れがあると言われました。
なので、外科手術でしこりをちゃんと切除したほうが良いと薦められました。
私も高校のプールの授業などで周りの視線を気にしたくないと思い、頑張って治療を受けたいと言う結論に至りました。
それで、先生から女性化乳房治療を専門に行っているクリニックを紹介してもらいました。
そちらの先生から、脂肪吸引法と乳腺切除法の組み合わせによる治療を提案されました。

男子なのに胸にしこり女性化乳房と診断されて同じ症状の方も手術して早く解放された方が良いと思う